12 月12日開催「事例から学ぶ公正な研究活動セミナー」お知らせ

この度国立研究開発法人 日本医療研究開発機構の「事例から学ぶ公正な研究活動〜気づき、学びのためのケースブック〜」の出版を記念して、実際の研究・教育現場で活躍される方々に、さまざまな事例を紹介していただくセミナーが開かれます。過去の事例をもとに、今後の活動の参考にしていただきたいです。ご興味ある方はぜひ会場まで、足をお運びください。お待ちしております。 開催テーマ 「事例から学ぶ公正な研究活動セミナー」 日時 2017年12月12日(火) 時間 受付13:00/ 開始13:30〜 会場 TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原 ホール2A https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gcp-akihabara/access/ 定員 200名(要事前参加登録) 概要 科学研究における不正行為は、科学の発展を妨げにつながるため本来あってはならないことです。研究不正の防止策を講じるにあたっては、他者の好事例を参考にしてとり進めるのが効果的です。本セミナーでは、事例に基づく研究倫理教育、適切な画像処理方法、論文発表前のチェックシステムなど、参考になるような好事例をご紹介いたします。 プログラム 13:30 開催の挨拶 13:40-14:20 筑波大学生命領域学際研究センター講師 岡林 浩嗣 様 異分野間の交流を通じた研究倫理教育 ―「考えさせる研究倫理教育」の事例と問題点― 14:20-15:00 上智大学 日本学術振興会特別研究員(PD) 湖城 恵 様 「研究者のための画像処理技術」 休憩 10分間 15:10-15:50 理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター 連携促進コーディネーター 薬師寺 秀樹 様 「理研CLSTにおける論文不正防止の取り組みのご紹介」 15:50-16:30 公益社団法人化学工学会 編集グループ 山下 和子 様 「投稿論文におけるさまざまな事例」 休憩 10分間 16:40-17:10 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 研究公正・法務部 主幹 鈴木…